2008年12月16日

古賀誠選対委員長で与党分裂

古賀誠選対委員長の公明党いらない発言で自民党からも、公明党からも批判の声が続出しているようです。
喜んでるのは野党と国民ですから、実は古賀誠選対委員長は野党ではないでしょうか?と思う節もあります。
いい感じですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20081216/20081216-00000056-jnn-pol.html

自民党の古賀選挙対策委員長が、同じ与党の公明党との協力のあり方を含めて、選挙戦術を見直す考えを明らかにし、波紋が広がっています。その一方で、政界再編に向けた様々な動きも表面化、与党を揺さぶる展開となっています。15日夜、古賀選挙対策委員長は、自民党各派閥の事務総長らとの会合でこんな言葉を口にしました。「次の選挙は、選挙区だけではなく比例にも力を入れなければならない。自民党は自民党の政策で戦わないと弱体化する」小選挙区で公明党の応援を受ける自民党候補者が、比例代表では公明党への投票を訴えるという一部で行われてきたやり方を見直してはどうか、と述べたのです。「比例の180というのを公明党さんもしっかりがんばって取る、うちも取る。そういう戦略が大事です。お互いに(票を)伸ばさなきゃいけないんだからね」(自民党・古賀誠選挙対策委員長)「私は今までと変わりはなく、選対同士できちっと決められたことの上に進んでいくものだと承知しています」(公明党・太田昭宏代表)「これまでと変わりない」と表向き平静を装う公明党ですが、「協力がなければ、困るのは自民党だ」という反発もあるのは間違いありません。一方で、古賀氏の発言は自民党内にも波紋を拡げそうです。公明党が主導した定額給付金制度への世論の強い反発。麻生内閣の支持率が急落した1つの要因となっています。衆議院の3分の2の多数を維持するには公明党との連携が欠かせないとわかっていても、古賀氏の発言が自民党内の公明党に対する鬱屈した気持ちに火をつける可能性も否定できません。(16日17:36)[16日18時50分更新]注目の情報←憧れ。こんな家、住みたい…マンションと一戸建て、どちらにしようかなんて悩んでる。でも、首都圏だってこの価格で手に入るとしたら心も決まるハズ。120平米以上のゆとり生活を実現。[住宅情報ナビ]絶対住みたい。庭つきはコチラ⇒注目の情報なぜ。40歳にみえないの。彼女がすっぴん取り戻して同い年に差をつけたコスメ麻木久仁子が訊く⇒セルフレジで買い物をもっと楽しくお客様第一のストア改革。〜富士通若田光一さん、日本人初の宇宙長期滞在へnikkeiBPnet on Yahoo。ニューストップ

[引用元:Yahoo[政治(TBS)]]

古賀誠の新政界花と龍



ベビーベッドガード
ムダ毛の脱色
膝のテーピング
玄米の炊飯器
アカデミア酵母


posted by rika at 20:08| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。